xpが起動しない!まずは修復インストール

システムの復元、sfcでも回復しないとような時には、さらに深刻なトラブルを抱えているケースが多い。再インストールを行えば間違いないが、ハードディスクのデータをバックアップとれていない場合も多い。そんなときは、修復インストールを実行したい。パソコンを再セットアップするとハードディスクが初期化されて購入時の状態に戻ってしまうが、修復インストールであれば、データや設定が残る。

  1. パソコンにセットアップCDを入れて「Windows XPをインストールする」を押す。
  2. 画面全体が青いインストール画面に変わって「Windowsセットアップ」の表示になる。「アップグレード」になっていることを確認して「次へ」をクリック。
  3. ライセンス契約の画面がでるので「同意する」にチェックをつけて「次へ」をクリック。
  4. プロダクトキーの入力画面。プロダクトキーは通常、パソコンに貼ってある。市販のxpを購入した場合は、そのパッケージに書かれている。
  5. 手持ちのCDの中にあるWindowsより新しいデータが配布されているかどうかインターネットを通じて確認できる。「はい、更新された~」に丸をつけて最新ファイルをダウンロードしよう。「次へ」おw押すとインストールが開始される。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください