開けなくなってしまったら「開いて修復」機能

エクセルやワードは、学生からサラリーマンまで使用頻度の高いソフト。トラブルが多いのもこのふたつのソフトではないだろうか?
エクセルやワードなどのオフィス製品で成したファイルには、テキスト(文字や数字) のはかにも書式設定や関数、グラフなどの情報が含まれる。これらの一部でも失われると、ファイルを開くことができなくなる。しかし、オフィスXP以降なら壊れて開けないファイルの破損個所を修復して、開けるようにする機能が搭載されている。
ファイルをダブルクリックしても開けないときは、ますは、この「開いて修復」を実行してみよう。
成功すれば、エクセルなら書式設定やグラフなど、ファイルのかなりの部分を復旧できる。うまくいかない場合には、「ファイル修復コンバーター」を試すといい。

「開いて修復手順」

  1. エクセルを新規こ起動し、メニューバーの「ファイル」→「開く」をクリック。
  2. 破損ファイルをクリックして選んだ状態で、「聞く」ボタン横の「▼」 クリック。メニューの一番下に表示される「開いて修復する」 をクリックする。
  3. エクセルでは「修復」と「データの抽出」を選択することができる「修復」 は数式なども可能なかぎり復旧してくれる方法。まずは「修復」を試し、修復がうまくいかなかつたときは[データの抽出] を試す。
  4. 氏名や電話番号などの入力データはもちろんのこと、セルの対応や見出しの色といった書式も含めてファイルを修復が可能。ワードでも操作は同様だが、「データの抽出」機能はない。

「ファイル修復コンバーター」

「開いて修復」を実行しても開けない破損ファイルからテキスト(文字や数字)だけでも救出するなら、ワードの「ファイル修復コンバータ」を使います。この機能は、テキスト情報を持つファイルから可能なかぎリテキストを取り出す機能で、エクセルや一太郎、アドレス帳やアクセス、パワーポイントなど、多くのソフトで作成したファイルで利用可能。
ただし、この方法で填れたファイルから取り出せるのはテキスト情報だけになるので、文字のサイズや色、図形など、そのソフトの設定に関する情報は取り出せない。また、デジカメ写真なとのテキスト情報を含まない画像ファイルも復旧できない。

ファイル修復コンバーター使用手順

  1. ワードを新規に起動し、メニューバーの「ファイル」→「開く」をクリック。
  2. 「ファイルを開く」画面が表示されるので、「ファイルの種類」の右の「▼」をクリックし、下のほうにある「ファイル修復コンバータ」を選択。
  3. テキストを取り出したいファイルを選び「開く」を押す。テキストを取り出せない場合はこの時点でエラー画面が表示される。ファイル修復コンバータが対応しないソフトで作成したファイルは表示されない。
  4. エクセルなどで作成したファイルからテキスト情報などがが取り出せる。書式などの情報は失われてしまうが、テキスト情報だけは復旧することができる。

「開いて修復」「ファイル修復コンバーター」どちらでも復旧できない

「開いて修復」や「ファイル修復コンバータ」での復旧に失敗したら、最終手段として「リンク貼り付け」をを試す。
リンク貼り付けとは本来、リンク元となるファイルからデータを取lソ出し、別のファイル上に表示させる機能。
元のファイルが開けなくてもデータが存在していればそこから抜き出して別のファイルに表示させることができるため、破損ファイルの救出に使える。
実際の作業はいったん新規ファイルを2つ作成してリンクを設定。それから「リンク元」を破損ファイルに指定しなおしてデータをと取り出し、終わったらリンクを解除するという手順。
ただし、エクセルファイルのグラフや関数、ワード文書内の画像などは取り出せない。なお、填れているファイルはさらに状態が悪化してリンク貼り付けでも読み込めなくなるケースもある。復旧に成功したら、「名前を付けて保存」から新しいファイルとして保存しなおす。

エクセルの場合

エクセルを起動し、「新規作成」でブックを2つ作成。メニューバーの「ウィンドウ」→「整列」→「左右に並べて整列」を実行。次に「リンク貼り付け」を選ぶ。「BOOK2」を選択し、セルA1を右クリックし、メニューから「コピー」を実行。セルは空白のままでいい。
形式を選択して『貼り付け」画面で「リンク貼り付け」をクリック。
設定が正しくできると、セルA1には「0」が自動的に入力される。「BOOK1」を選択した状態のまま、メニューバーの「編集」→「リンクの設定」をクリックする。
「リンクの編集」画面が表示されるので、リンクファイルを復旧したい破損ファイルに変更する。「リンク元の変更」ボタンをクリック。
「リンク元の変更」画面が開くので、壊れてしまったファイルをリンク元ファイルとして指定。ファイルを選択して「OK」を押す。
選択したファイルに複数のシートがある場合には、「シートの選択」画面が開く。リストからデータを復旧したいシートの名前を選択して「OK」を押す。
「リンク元」が壊れてしまったファイルに変更。「閉じる」を押す。セルA1の右下にマウスポインタを重ねると「+」に変化するのでクリックしたまま右へマウスを移動させると壊れたファイルの1行目のデータが順に表示される。「0」が表示されるまでドラッグ。
同様に右端のセルの右下へドラッグすることで入力されたデータが表示されていく。セル中に「0」が表示されるまでドラッグ。
取り出せたデータをすべて選択した状態で「編集」→「コピー」を実行し、新たにエクセルファイルを開き、「編集」→「形式を選択して貼り付け」→「値」を選ぶ。

本家、マイクロソフトの修復法

これは、 Excel for Office 365, Excel 2019, Excel 2016, Excel 2013, Excel 2010のバージョンの場合です。
こちら

どうしても修復できないときは、ファイル修復コンバーターなどを使います。

インターネット上からファイルをダウンロードする場合、いちいちIE(インターネットエクスプローラー)の画面上で右クリックして保存していたのでは、効率が悪い。
そんなときは、複数のファイルを一括してダウンロードできるInvineがおすすめ!
サイズ容量の大きいファイルであれば分割してダウンロードすることも可能。

  1. 「IEメニュー」タブで「Invineでダウンロード」以下4つの項目にチェックを入れ、「OK」をクリックする。
  2. IEを起動したら、リンクもしくは画像の上で右クリックし、メニューから「Invineへ登録」を選択する。
  3. Invine」にキュー情報が登録され、ファイルのダウンロードが行われる。
,

xpが壊れたり、起動しないなどの場合、仕事に大きな支障がでる人がほとんどではないだろうか?さらに、それによる損失mじょ大きなものになってしまうケースが多い。
また、バックアップは、どうしても時間がかかってしまう性質であることからまとめてやることが多い。

高速化したい場合には、専用のツールがおすすめ。BunBackupを使用すれば、2回目以降は、追加されたり、更新されたファイルだけをコピーする、「差分バックアップ」ができるのでせっかちな人でも手がかからずに行える。

  1. BunBackupが起動したら、画面のボタンをクリックして新しいバックアップ方法を指定する。
  2. 「バックアップ設定」ウィンドウが開くので、右端にある「フォルダ一覧」ボタンをクリックして、バックアップもととバックアップ先のフォルダを指定する。詳しいバックアップ方法を指定するときは、「詳細」ボタンをクリックする。
  3. 「新しいファイル」「新しい時刻」にチェックを入れておくと、2回目以降のバックアップは新しく追加されたファイルや、内容が更新されたファイルのみがコピーされるようになる。
  4. 設定が終わったら、画面の「バックアップの開始」ボタンをクリックすると開始される。
  5. 終了すると、一覧表示で結果が表示される。
  6. ファイルを終了する際に「確認」というウィンドウが出るので、「はい」をクリックすると、バックアップ設定をファイルに保存し、次回起動時も同じ内容でバックアップが実行できる設定にしてくれる。
,

デジカメなどの画像を鑑賞する際には、「Windows」標準の画像ビューワやペイントはやや力不足に感じる。表示も遅くせっかく「Windows」をカスタマイズして高速化の設定を行ってもこうしたところで非効率になってしまっては意味がない。

そこでIrfanViewを使うと画像が高速にパッと開き快適。多彩な形式に標準で対応済みで関連づけも簡単に行える。

  1. IrfanViewをダウンロードし解凍後、セットアップする。exeファイルをクリックして実行する。
  2. ウィンドウが開いたらまずは関連付けの設定を行う。「オプション」→「関連づけの設定」を選択。
  3. >「基本設定」ウィンドウの「関連付けの設定」タブが開く。ここで関連付けしたい画像形式にチェックを入れる。よくわからない場合などは、「全ての画像」をクリックすればサポート対応の画像形式全てに関連付けが行われる。

IEでファイル容量の大きなファイルをダウンロードしようとすると何かと面倒になることが多い。ブラウザのウィンドウを閉じてしまうと最初からやり直しになってしまう。そんなときFlashGetを導入するとダウンロード速度はIEより断然速い。ウィンドウを閉じてしまってもやり直せるのでダウンロードの操作が快適に。

  1. FlashGetのインストールは、インストーラーを起動し、メニューに従うだけの簡単操作。標準状態のままインストールすればいい。途中でグーグルツールバーのインストールをするか促されるが、すでに導入済みであったり不要である場合にはチェックを外して「NEXt」をクリックすればいい。
  2. FlashGetのダウンロードは、ファイルのリンクをクリックするか、右クリックしてファイルを保存してからダウンロードを選択する。
  3. 「保存先」フォルダを指定して「OK」ボタンをクリック。
  4. 保存先フォルダが未作成の場合は、「はい」ボタンをクリックすると、フォルダが作成され、ダウンロードがはじまる。FlashGetはファイルを分割してダウンロードするので、短時間でダウンロードが完了する。
  5. デスクトップ上の小窓(右上)をクリックすると、FlashGetのメインウィンドウが開く。ダウンロード中のファイルは、メインウィンドウの左側の「ダウンロード」をクリックすると経過を確認できる。ダウンロードがすすむと経過を確認できる。ダウンロードが終わると「ダウンロード済み」のほうに移される。

会社やオフィスで私用メールを使っている人もたくさんいる。ちょっとした裏サイトなんかを覗く場合もあるかもしれない。ばれなければいいが、上司が後ろに立っていた…なんてことも。
表示されている画面を一瞬で切り替えるツール「ボスが来た!」を紹介したい。

  1. 本体をDLLしたら解凍し、「BossCome.exe」をダブルクリック。タスクバーに「ボスが来た!」のアイコンが表示されるので、右クリック→「設定」を選択。
  2. 画面を隠す際に利用するキーを設定する。「キーの設定」キーをクリックすると「キーを入力してください」と表示される。この表示が行われている間に任意のキーを3つ指定する。1つもしくは、2つのキーで発動させたい場合はひつだけキーを押し、残りの部分は、「0」と入力すればいい。
  3. 「ボスが来た!」を発動した際に表示させる画像ファイルを「画像のプロパティ」欄から選択する。ビットマップ形式の画像表示に対応しており、デフォルトで3種類用意されているので活用すると便利。私用画像を選択したら「設定」をクリックして設定画面を閉じる。
  4. デスクトップ画面に戻ったら実際に「ボスが来た!」画像がフル画像表示される。

自分専用のpcであれば、何の問題もない場合でも、複数人で一つのpcを共有してい場合などは、ファイルの扱いには十分気を付けたい。また、個人情報の取り扱いも厳しくなり、不要ファイルをただ消去するだけでは安全性が確保できない。
キーボード、マウス操作だけでファイルを完全削除できる方法を紹介したい。

  1. ハードディスク上から完全に削除したいファイルを選択。
  2. 「Ctrl」+「Del」キーを同時に押し、ファイルの削除に関するダイアログが表示されるので「はい」を選択してファイルを削除。
  3. ごみ箱にファイルを移動することなく直接ファイルが削除されたことを確認することができる。

こうしてファイルを削除した場合は、不要ファイルをごみ箱に置かず、いきなり完全削除するというものだが、この方法で削除した場合には、間違って削除してしまったファイルを復元などのツールを利用しても復旧できないことがあるので注意したい。
キーボード操作のみで簡単にデータ削除できる反面、復旧が困難になるということを念頭に置きたい。

操作をあや誤ってファイルを消してしまった…。そんな経験は誰にもあるはずだ。重要ファイルだった場合には、おおごとになってしまう。
そんな「やってしまった」をリカバリーするアプリが「DataRecovey」このツールを使えば、簡単操作で消去してしまったデータを修復することができる。

  1. 本体ファイルをダウンロード後、DataRecovey.exeを実行して起動。
  2. 画面を左側に表示されているドライブ名の中のから誤ってデータを消去してしまったファイルが保存されているドライブを選択後、「スキャン」をクリック。
  3. 選択したドライブから削除されたファイルが一覧表示される。ファイルが見つかったら選択して「リカバリ」ボタンをクリックする。
  4. ファイルを復旧させる場所の指定画面が表示される。任意の場所をして「OK」をクリックすればファイルの復元が完了する。

グーグルデスクトップによるインターネット検索の効率を高める方法を紹介しているが、グーグルデスクトップは、パソコン内のファイルを高速検索することもでる。

ファイル名や内容をデータベースとして利用するインデックスサービスを利用しているので、高速検索を行うことができ、保存場所を忘れてしまった重要ファイルなどもすぐに見つけることができる。

  1. グーグルデスクトップをインストールすると初回起動時にパソコン内部のファイルをデータベース化するインデックス作成が開始される。この作業は環境によっても異なるが、長時間時間を必要とするので、外出前や就寝前などの時間に余裕があるときに行うのが効率的だ。
  2. パソコン内の検索は、グーグルトップページ「デスクトップ」メニューを選択すればインターネット検索と同じ感覚で行うことができる。
  3. グーグルデスクトップサイドバーに表示されている検索欄にキーワードを入力してもパソコン内のファイルを検索することができる。キーワードを入力中にも候補となるファイルが表示されるので要注意。

インターネットを使うまでもないな?なんて感じる調べ物などは結構あるものだ。ブラウザを起動するまでもないが「調べたい!」そんな状況は、会社だけでなく結構ある。
意外に知られていないが、「グーグルデスクトップ」が非常に便利。

  1. ダウンロードした「グーグルデスクトップ」を実行しすると自動的にインストールガイドが開始される。
  2. 初回起動時には、初期設定画面が表示されるので、それぞれ画面の指示に従い設定をする。
  3. 初期設定が完了すると、デスクトップに検索画面が表示される。調べたいキーワードを検索欄に入力すると、メニュー画面が表示されるので「Web検索」を選択する。
  4. 通常利用しているブラウザが起動して、検索結果が表示される。ブラウザを立ち上げなくても素早く検索できるのが嬉しい。
  5. 最新情報などの画面を最小化するとタスクバーに検索欄のみが表示される。デスクトップの表示領域を無駄にすることなく検索のみが効率的に行える。