間違って削除してしまったファイルを復元

操作を誤ってファイルを消してしまった…。そんな経験は誰にもあるはず。重要ファイルだった場合には、おおごとになってしまう。慌てている時に限ってトラブルは起こりがち。まずは、無料のツールで試してダメなら潔く有料の復元ツールで行う。これが鉄則。

「やってしまった」をリカバリーするアプリが「DataRecovery」このツールを使えば、簡単操作で消去してしまったデータを修復することができる。

  1. 本体ファイルをダウンロード後、DataRecovey.exeを実行して起動。
  2. 画面を左側に表示されているドライブ名の中のから誤ってデータを消去してしまったファイルが保存されているドライブを選択後、「スキャン」をクリック。
  3. 選択したドライブから削除されたファイルが一覧表示される。ファイルが見つかったら選択して「リカバリ」ボタンをクリックする。
  4. ファイルを復旧させる場所の指定画面が表示される。任意の場所をして「OK」をクリックすればファイルの復元が完了する。

フォルダ単位の復元可能。
ファイル名で検索可能。
USBメモリやフロッピィディスクからも可能。
NTFS圧縮ファイルも復元可能。

フリーのツールで復元できないときは、強力な有料ツールで復元。

ファイナルデータ11plus 特別復元版 ダウンロード版

【17年連続シェアNo.1】定番データ復元ソフト。
「ハードディスクやSDカードが認識しない」、「パソコンが起動しない」、「うっかり消してしまった」といったトラブル時に大切なデータの取り出しができます。
簡単操作のウィザード画面でパソコン初心者の方でも安心です。
動画や音楽データのスキャン精度を更に高めました。
パソコンが起動しない時にはUSBメモリからブートさせてデータ復旧作業を行えます。
また別途無料体験版(試供版)でスキャンした結果を保存しておけば、製品ご購入後再スキャンすることなく、すぐに復元することができます。

※ご注意※
本ソフトを障害の起きたハードディスクには絶対にダウンロード/インストールしないで下さい。
障害の起きたハードディスクにダウンロード/インストールすると、データを上書きして消してしまう恐れがあります。
必ず別のドライブにダウンロード/インストールして下さい。
コンピュータに1ドライブ(C:のみ等)しかない場合には、データの復元先としても別途ドライブが必要になります。
復元用のディスク(USBのHDD、MO、DVD-RAM等)をあらかじめご用意し、そこにダウンロード/インストールして下さい。
word、excelのファイルが壊れてしまった際の対処方法はこちらです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください