仮想ドライブを作成してファイルの整理をスムーズに

ハードディスクのパーティションを作成するのは、意外に面倒な作業。しかし、ウィンドウズ上に存在する任意のフォルダを仮想ドライブに仕立ててしまえばハードディスクを増設する必要もなく、あたかも外部ドライブを増設したようなシステムになる。ファイル整理もスムーズに行える。

  1. 仮想ドライブとして利用したいフォルダを右クリックして「共有とセキュリティ」を選択する。
  2. 「共有」タブを開き、「危険を認識した上で、ウィザードを使わないでファイルを共有する場合は、ここをクリックしてください」をクリックし、「ファイル共有を有効にする」を選択して「OK」をクリックする。
  3. エクスプローラもしくは仮想ドライブ化したいフォルダが保存されている階層を開き、「ツール」→「ネットワークドライブの割り当て」を選択する。
  4. ネットワークドライブの割り当て画面が表示されるので「ドライブ欄」に利用されていないドライブを指定し、「フォルダ」欄の「参照」ボタンをクリックしてからあらかじめ作成した共有フォルダを選択して「完了」をクリックする。
  5. ドライブの作成が完了したら「マイコンピューター」を開き、「ネットワークドライブ」欄に新たなドライブが表示されていれば作業は完了。あとは通常のドライブとの扱いでOK。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください