インターネットの回線速度を高速化(EditMTU)

Windows XPでネット接続を行う場合、ADSL、光ファイバー、ケーブルTV回線など回線速度にあわせて最適な通信設定を行うように設定されている。
さらに厳密にMTU、REWINという接続速度に影響する数値を変更することで接続速度の高速化が可能。簡単に設定できるEditMTUを使って最適化しよう。

  1. EditMTUをダウンロードし、解凍後、インストール。
  2. 「EditMTU」を起動したら「MTU検索」タブを開き、Host名を選択。「速度の選別」から現在の回線速度を選び「Ping」をクリック。
  3. 最適なMTUとRWINの値が自動的に割り出され、確認画面が表示されるので「OK」をクリックする。
  4. 「Win2K/XP」タブを開き、先ほど割り出された数値が反映される。
  5. 「Redistry書き込み」をクリック。
  6. 再起動を促す確認画面で「OK」をクリックしするとWindowsが自動的に再起動して設定が有効になる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください