SFC機能を使って不適切なシステムファイルを修復する

システム復元でも調子が戻らないときは、Windowsを構成しているシステムファイルの一部に問題が起きている可能性が高い。それを自動的に調べて問題のファイルを適切なファイルに書き換えてくれるのがSFC(システムファイルチェッカー)まり知られていない機能だが、試す価値あり。

  1. 「スタート」→「ファイル名を指定して実行」を開く。名前の欄に「sfc/scammpw」と入力して「OK」を押す。入力の際、sfcとの間に半角スペースを忘れずに。
  2. Windows XPのCD-ROMを求められる。ドライブにCDを入れると、自動的にシステムファイルのスキャンがはじまる。はじまらないときには、「再試行」を押す。
  3. システムファイルのスキャンには、時間がかかる。破損したファイルや問題のあるファイルが見つかると、自動的にCD-ROMから正規ファイルが読み込まれてコピーされる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください