使わないフォントなどは削除して動作を高速化

アイコンや文字の表示がおかしい!特殊ファイルを捨てて解消でも紹介しているとおり、フォントに関連するトラブルは意外にも多い。
ワープロソフト、グラフィックソフトなどをインストールすると、使わないフォント(書体)が自動的にインストールされ、追加される場合が多い。使わないものもたくさんあり、動作も重くなるため不要なフォントは削除してしまおう。ただし、画面表示などのためのシステムフォントもあるので、それらは削除しないように。

  1. 「スタート」→「コントーロールパネル」を開き、「デスクトップの表示とテーマ」を選択。続けて左上のフォントを押す。
  2. パソコンに入っているフォントの一覧が表示される。
  3. どんな書体でどんなスタイルなのかを確認するには、アイコンをダブルクリックする。
  4. 削除したいフォントが決まったら右クリックして「削除」。確認画面が出るのでは「はい」をクリックする。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください