ウェブ用キャッシュの最適化で表示を高速化

仕事でもプライベートでもウェブを検索しない日はない。ブラウザの操作が高速化するようカスタマイズすることが全体として効率アップになることは間違いない。
使用率の一番高いIEはウェブサイトのデータをキャッシュとして保存しておき、次にアクセスする際にはキャッシュデータを読み込んで表示している。
このキャッシュのサイズを最適なサイズに設定することでより表示速度をアップさせることができる。
IE(インターネットエクスプローラー)の「ツール」メニュー→「インターネットオプション」を開き、「全般」タブにある「インターネット一時ファイル」の「設定」ボタンをクリックする。
「使用するディスク領域」でスライダを移動させるか、数値を直接入力する。回線によってはキャッシュは少ない設定のほうが、高速な場合もある。「フォルダの移動」をクリックし、キャッシュファイルの保存先を高速なHDDに変更するとより効果が得られる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください