「Windows XP」の動作をより高速・安定化させるには、「レジストリ」の設定変更もたいへん効果的。レジストリには、「Windows XP」の基本的な設定や、インストールされたソフトの設定などが保存されてる。
この設定を変更することで、メモリを効率的に使用できるようにしたり、「スタート」メニューなどの表示速度をアップしたりして、「Windows XP」をより高速に動作させることが可能。

レジストリ設定を変更する場合、通常は、Windows XPに、標準搭載された「レジストリエディタ」を使う。ところが、レジストリエディタで開いたレジストリ設定は、文字と数値の組み合わせが表示されているだけなので、とこをどう変更すれば高速化につながるかがひと目では、非常にわかりにくい。また操作を誤ると深刻なトラブルを引き起こす危険性を多分に含んでいる。
そこでおすすめするのがレジストリ変更用のソフト。画面を見ながら設定を変更できるので、レジストリにくわしくない人でも、簡単にXPを高速・安定化させることが可能。ここでは、「Win高速化PC+」というフリーソフトを中心に、レジストリ設定の変更テクニックを紹介。

「Win高速化PC+」は、項目にチェックを入れるだけで、レジストリ設定を変更できるソフト。設定項目が」機能別のタブに分けられており、設定する項目を選択すると、画面下にその設定内容が表示される。どの設定を変化するとどのような効果がでるのか、わかりやすい。復元ポイントを自動作成する機能も搭載。

Windows の基本機能をメモリに格納

ウィンドウズが起動しているとき、その基本プログラムである「カーネル」は、標準ではメモリと仮想メモリに分けられて動作している。仮想メモリ上にあるカーネルプログラムを呼び出すと、ハードディスクからデータを読み込むことになり、それがウインドウズの動作を遅くする要因の1つとなる。そこで、すべてのカーネルをメモリ上で動作させ、ウインドウズを高速化する。
設定方法は次ぎのとおり。[システム]ボタンを押し、「①Windowsの基本気のうをHDより高速なメモリーに格納しパフォーマンスをあげる」にチェックを入れ「高速設定」ボタンを押す。

「スタート」メニューの変更

「スタート」メニューの項目には、マウスを置くとその項目がサブメニューとして表示されるものがある。そのサブメニューの内容が表示されるまでには、わずかながらの待ち時間があるので、初期設定値を変更し、すばやくメニューを表示してみよう。設定は、[デスクトツプ]ボタンをクリックし、[スタートメニューなとのサブメニューが表示されるまでの間隔を短くする]にチェックを入れ「高速化設定」ボタン を押す。この設定により、フォルダやソフトのメニューにあるサブメニューの表示も高速化される。

レジストリをいじってもXPが高速化しない場合は、OSのクリーンインストールが非常に効果的。データをこまめにバックアップし、OSを再インストールする。そんなの面倒だという人は、「新しいパソコンの購入」も視野に入れながら、次ぎのサイトでパソコンの検索、比較をしてみるといい。

仕事でもプライベートでもウェブを検索しない日はない。ブラウザの操作が高速化するようカスタマイズすることが全体として効率アップになることは間違いない。
使用率の一番高いIEはウェブサイトのデータをキャッシュとして保存しておき、次にアクセスする際にはキャッシュデータを読み込んで表示している。
このキャッシュのサイズを最適なサイズに設定することでより表示速度をアップさせることができる。
IE(インターネットエクスプローラー)の「ツール」メニュー→「インターネットオプション」を開き、「全般」タブにある「インターネット一時ファイル」の「設定」ボタンをクリックする。
「使用するディスク領域」でスライダを移動させるか、数値を直接入力する。回線によってはキャッシュは少ない設定のほうが、高速な場合もある。「フォルダの移動」をクリックし、キャッシュファイルの保存先を高速なHDDに変更するとより効果が得られる。

Windowsでは、システムで使用する項目の設定画面や機能などにすぐにアクセスできるように、画面右下の通知領域にアイコンを表示することができる。
しかし、頻繁に利用することがなければ各システムアイコンの表示を非表示にしておいた方が安定し、また高速化にも繋がる。

  1. 「スタート」メニュー→「コントーロールパネル」を選択して「コントーロールパネル」画面を開く。
  2. タスクトレイの音声アイコンの表示を切るには、「コントーロールパネル」の「サウンド、音声、およびオーディオデバイス」を選択。「音量」タブの「タスクバーに音量アイコンを配置する」のチェックを外し「OK」をクリック。
  3. ローカルエリア接続のアイコンを非表示にするには、「コントーロールパネル」の「ネットワークとインターネット接続」→「ネットワーク接続」を選択。「ローカルエリア接続」を右クリックし「プロパティ」を選択。「全般」タブの「接続時に通知領域にインジケータを表示する」のチェックを外し「OK」をクリックする。
  4. タスクトレイの源源アイコンを非表示にするには、「コントーロールパネル」の「パフォーマンスとメンテナンス」→「電源オプション」を選択。「詳細設定」タブの「アイコンをタスクバーに常に表示する」のチェックを外し「OK」をクリックする。

ハイエンドモデルの購入を検討すれば、タスクバーに全アイコンを表示してもシステムは安定。

デスクトップに用意したショートカットをダブルクリックしても、リンク先のプログラムが移動しない場合、XPでは、リンク先を自動検索してくれる。だが、そんなときは、リンクも時間の無駄になるためオフにしておく高速化につながる。

  1. 「スタート」メニュー→「ファイル名を指定して実行」から「regedit」と入力してレジストリエディタを起動。「HKEY_CURRENT_USER¥Software¥Microsoft¥Windows¥CurrentVersion¥Policies¥Exprore」を開く。
  2. 画面の何もないところで右クリックし、「新規」→「DWORD値」を作成
  3. 作成した値の名前を「NoResolveTrack」と変更。ダブルクリックして開き「値のデータ」に「1」入力。
  4. 「DWORD値」の作成を行う。作成した値の名前を「NoResolveSearch」に変更し、ダブルクリックして開いて「値のデータ」に「1」と入力する。

Windows XPでネット接続を行う場合、ADSL、光ファイバー、ケーブルTV回線など回線速度にあわせて最適な通信設定を行うように設定されている。
さらに厳密にMTU、REWINという接続速度に影響する数値を変更することで接続速度の高速化が可能。簡単に設定できるEditMTUを使って最適化しよう。

  1. EditMTUをダウンロードし、解凍後、インストール。
  2. 「EditMTU」を起動したら「MTU検索」タブを開き、Host名を選択。「速度の選別」から現在の回線速度を選び「Ping」をクリック。
  3. 最適なMTUとRWINの値が自動的に割り出され、確認画面が表示されるので「OK」をクリックする。
  4. 「Win2K/XP」タブを開き、先ほど割り出された数値が反映される。
  5. 「Redistry書き込み」をクリック。
  6. 再起動を促す確認画面で「OK」をクリックしするとWindowsが自動的に再起動して設定が有効になる。
,

古いマウスやノートpcのタッチパッドなどを使っていてマウスカーソルの動き遅く感じるケースがある。こんなときは、「コントーロールパネル」でマウスの設定を変更してカーソルの動きを速い設定に変えれば軽快に動く。ダブルクリックの間隔も同様に調整できる。

  1. マウスの動きが遅く感じる場合は、スタートメニュー→「コントーロールパネル」→「プリンタとその他のハードウェア」をクリックして設定を行う。
  2. 「プリンタとその他のハードウェア」にある「マウス」をクリックする。
  3. 「マウスのプロパティ」ウィンドウで「ポインタオプション」タブをクリックする。マウスカーソルの動きを速くしたい場合には、「ポインタの速度を選択する」のスライドバーを「速く」方向にドラッグする。
  4. ダブルクリックの間隔を速くしたい場合は、「ボタン」タブをクリックして「速度」のスライドバーを「速く」方向へドラッグする。スライドバーの右側にあるフォルダアイコンをダブルクリックすることで速度がどのくらいになったのか確認できるので自分の好みの設定にしよう。

マウスの検索、比較ならこちらのサイトがおすすめ

キーボード入力の速い人は、文字入力をしている最中にキー入力に画面があついてこなくてイライラしてしまう経験をしているはず。
これはxpがキー入力されてから表示するまでに待ち時間を長めに設定していることが原因。「コントーロールパネル」から設定したい。

  1. スタートメニューから「コントーロールパネル」を選択し、「プリンタとその他のハードウェア」をクリック。
  2. 「プリンタとその他のハードウェア」にある「キーボード」をクリック。
  3. 「速度」タブで「表示までの待ち時間」のスライドバーを「短く」の方向にドラッグし、「OK」をクリックする。キーを押してから表示されるまでの時間が短くなる。

xpでエラーが発生した場合、「この問題をMicorsoftに報告してください」というウィンドウが表示される。報告したからといって問題が解決するわけではない。そこでこの処理を停止して少しでも高速化させる。

  1. xpエラー画面は、報告したところで解決策を表示してくれるわけではない。画面をすすめていくだけ時間の無駄になってしまう。
  2. スタートメニューの「コントーロールパネル」から「パフォーマンスとメンテナンス」を選び、その後、「システム」をクリックする。
  3. 「システムのプロパティ」ウィンドウで「詳細設定」タブをクリックして表示させる。ここで「エラー報告」ボタンをクリックする。
  4. 「エラー報告を無効にする」にチェックを入れる。「重大なエラーが発生した場合は通知する」のチェックも外して「OK」ボタンをクリックすれば、エラー報告ウィンドウが完全に表示されなくなる。

xpのスタートメニューには「スタートアップ」という項目があり、登録したソフトはxp起動と同時に実行される。pcを起動したら、必ず使うソフトがあればここに登録しておくと便利。
xpの起動と同時に使用するソフトも起動していることになる。
しかし、使わないソフトまでもが、起動してしまうとxpが重くなってしまう。
「msconfig」を使って設定したい。

  1. スタートメニューから「ファイル名を指定して実行」を選択する。
  2. 「名前」欄に「msconfig」と入力後、「OK」をクリック。
  3. 「システム構成ユーティリティー」のウィンドウで「スタートアップ」タブをクリックして表示させる。起動しないようにしたいサービス名のチェックを外したら「OK」ボタンを押す。
  4. 「再起動」ボタンを押すと、パソコンが再起動してそれ以降は、無効にしたスタートアッププログラムは、Windows起動時に実行されなくなる。停止してよいサービスサービスについては、さまざまあるので以下を参考にオフにしてほしい。

「msconfig」のスタートアップに表示される項目で停止可能なもの一覧

  • Adobe Gamma Load exe…アドビ製アプリケーションで使用する画面調整機能。フォトショップ、イラストレーターなどのアプリケーションがなければ不要。
  • iTunes Helper…ipodを接続すると自動的に起動する。不要であればオフにできる。
  • msmsgs…MSN Messenger。常時使用するのでなければオフでよい。
  • gttask…Windows起動と同時にquickTimeを起動させる。通常はオフでいい。
  • realsched…リアルプレーヤーの時小津アップデートに使う。手動アップデートであれば不要。

xpの標準設定では、ウィンドウを開閉するときに微妙にアニメーションさせるなどの「視覚効果」が随所に施されている。
これは速度を優先させるなら全くの無駄で速度低下の原因となってしまう。これらの視覚効果を「パフォーマンス優先」設定にすれば、画面は、地味になるが速度は上がり高速化できる。l

  1. スタートメニューの「コントーロールパネル」を選択し、「パフォーマンスとメンテナンス」をクリックする。
  2. 「パフォーマンスとメンテナンス」の画面で「システム」をクリックして実行する。
  3. 「詳細設定」タブを表示させて「パフォーマンス」の項目内にある「設定」ボタンをクリックする。
  4. 「視覚効果」タブで「パフォーマンスを優先する」にチェックを入れて「OK」ボタンを押す。
  5. するとウィンドウがシンプルな表示になるほか、ウィンドウ最大化/最小時のアニメーションがオフになったり、マウスポインタの下に影を表示するなどの視覚効果がオフになる。かなり体感速度が向上。