Windowsコンポーネントは削除

xpには、Windowsコンポーネントと呼ばれる便利なソフトが付属している。ブラウザ、アクセサリ、通信プロトルコといったものがそれらになる。
必要であればアンインストールは不要になるが、特に使わなければ削除してかまわない。

  1. 「スタート」→「コントーロールパネル」→「プログラムの追加と削除」を選択。開いた画面で、左側の「Windowsコンポーネントの追加と削除」を押す。
  2. チェック済みのものがインストールされているものになる。その中から不要なものをさがしてチェックを外す。項目によっては「詳細」を開くことができるものもある。
  3. 「アクセサリとユーティリティ」の中の「ゲーム」の詳細をクリックすると複数のゲームアプリが表示されるので不要なものを選んで削除しよう。
  4. 「OK」で元の画面に戻って「次へ」を押すと不要なコンポーネントの削除がはじまる。コンポーネントを追加した際にも同様の画面が表示される。最後に「完了」を押して終了。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください